導入して気づいた業務データの重要性 | Qasee導入事例
導入して気づいた業務データの重要性

導入して気づいた業務データの重要性

株式会社 LIG(英文社名 LIG Inc.)は、東京都台東区に本社を置き、WEBサービス制作事業、WEBマーケティングの運用を中心とした事業を行っている一流企業です。

自社のオウンドメディア『LIGブログ』は月間400万PVを超えるなど大きな話題を集めており、2014年以降はゲストハウスやコワーキングスペースなどを運営し地方創生事業やオフショア開発受託事業等、幅広く事業を展開しています。

同社、は2021年4月にフィリピンの開発拠点にQaseeを導入し、業務管理や業務効率化を図っています。

今回は、BiTT開発マネージャーの久松さんに導入の経緯や、導入してよかった点などを伺いました。

 

はじめに導入の経緯を教えて下さい。

久松さん:

とある企業からQaseeのことを耳にしたのが最初です。

すごいシステムがあるよと。業務状況がすべて可視化されると。

これまで原則テレワークになると同時に同じ様な海外のシステムをフィリピンのBiTT開発拠点のメンバーに対して導入していましたので、同じ様な管理ツールなのかなくらいに思っていました。

 

実際にQaseeのサービスをトライアル利用されてどうでしたか?

久松さん:

いままで入れていたツールとは全くの別物でしたね。

今まで導入していたツールも、アクティブ率を抽出していたりしましたが、Qaseeを導入して気づいたことは、業務データを点でしか見ていなかったなということです。

Qaseeの場合には、業務データから分析された従業員の「エンゲージメント」や「パフォーマンス」「負荷状況」や「作業集中度」に至るまで細かく可視化されました。

過去実績との比較が容易で問題を抱えている社員に対して、適切に時間をかけることなくマネジメントに活用できるので、そういう点で画期的だなと感じました。

 

最終的に本利用の決め手は何でしたか?

久松さん:

ポジティブに業務のパフォーマンスを全体的に上げられそうだなと感じた点でしょうか。

以前のツールでは「管理監督者が監視しているぞ」というメッセージが強く出ていたのが気になっていました。

Qaseeは上長だけでなく自分自身で集中度合いを参照できるので、各人が自分の調子の良さ・悪さを確認したり、業務を振り返ったり、集中できる時間帯を知ることができるポジティブなツールだと捉えています。

今後はQaseeのデータを元に「朝型チーム」「夜型チーム」などを編成しても面白いんじゃないかなと考えたりしています。

 

最後に一言お願いします。

久松さん;

弊社では、オフショア開発とは違い、お客様、日本のコンサルタント/ディレクター、フィリピンのエンジニアたちが一つのチームとなってサービス開発を行うBiTT開発と呼ばれる新たな開発サービスをご提供しています。

BiTT開発では、要件定義・設計・デザインなどを日本側で担当し、開発やテストや保守を主にフィリピン側で行います。

その為、数十人から数百人規模の大規模な案件でも、質を落とすことなく安価に開発を実施していくことが可能です。
Qaseeの導入でますます品質にも磨きをかけて行きますので、ぜひ弊社にもご期待ください。

導入事例一覧

株式会社LIG (英: LIG inc.)

会社名
株式会社LIG (英: LIG inc.)
資本金
10,000,000円
設立
2007年6月
従業員数
230名
代表取締役
吉原豪
所在地
東京都台東区小島2-20-11 LIGビル
事業内容
・Webサイト制作事業
・デジタルプロダクト開発(BiTT開発)事業
・クリエイタースクールデジタルハリウッドスタジオ「STUDIO 上野 by LIG」運営
・コンテンツ制作事業
・シェアオフィス・コワーキングスペース「いいオフィス」運営
・ゲストハウス「LAMP」運営
・アウトドアスクール「サンデープラニング」運営
・LIGアート事業部
会社URL
https://liginc.co.jp/

Withコロナ、テレワークにも強いQasee資料も無料体験も、ぜひお試しください

自社の現状の困りごと、お聞かせください

0120-201-499
050-3503-77209:00-19:00 土日祝日除く